シミの原因はメラニンだけではない

1シミは女性なら気になる事に一つですよね。その原因の一つが紫外線にあります。ここでは紫外線が肌にもたらす作用について見ていきましょう。

・紫外線は細胞まで傷つける

紫外線を浴びるとメラニンが増えてシミの原因になるという事をご存知の方は多いでしょう。シミを何とか薄くしたいと思い美白化粧品をしている人もいると思います。紫外線があたると肌の中でメラニン色素がつくられます。美白化粧品に含まれている美白成分は、このメラニン色素の産生を抑える効果があります。でも、紫外線によってメラニンが増える事だけが、シミの原因という訳ではないのです。実は紫外線によって細胞のDNAが傷つきそのダメージが蓄積される事で肌の構造そのものが変性してしまう事がシミができる原因になります。ですから、残念ながらメラニンを減らすためのケアでだけでは、シミを薄くする事はできません。紫外線によって変化した肌の構造を完全に元に戻す事は不可能だからです。
日焼けしてメラニンが増えたってあとで美白化粧品で減らしていけばいいや、と思う人も多いかもしれませんが、そういうものではないので気をつけてください。また、紫外線は冬でも曇りでも毎日降り注いでいます。熱くもないしまぶしくもないので実感がありません。だからついつい油断してしまいがちです。
日ごろから隙のない紫外線対策をして、しっかり肌をガードしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です