老化の原因は活性酸素

10活性酸素をご存知ですか?これは実は美容にとっては宿敵です。生まれた瞬間から着々と肌を錆びつかせています。ここでは活性酸素について見ていきましょう。

・活性酸素は老化を引き起こす

 ツルツルすべすべの赤ちゃんの肌。女性ならあんなになりたいですよね。でも、実は生まれた瞬間から肌の老化は始まっています。驚きですよね。それは活性酸素が関係しています。鉄などの金属が錆びたり、バナナの切り口が茶色になるのは酸素によって物質が酸化するからなのです。活性酸素は、私たちの体の細胞を非常に強い力で錆びつかせる、悪玉酸素です。普通の酸素と違い著しく化学反応を起こしやすい暴れ者です。これが体内で大量にできると細胞や遺伝子を傷つけるので老化を引き起こすのです。活性酸素はシミやシワなどの老化のほか、がん細胞の発生にもかかわります。

・紫外線・過労・ストレスなどは要注意

 人は呼吸をする時に酸素を取り入れ、エネルギーを燃焼して活動している事はご存じだと思います。実はこの時にも活性酸素は発生しています。呼吸するだけで活性酸素は発生します。つまり、人が息をしている間は老化を避ける事はできません。ただ、本来人間には活性酸素を取り除く仕組みが備わっています。抗酸化力のある酸素などが体内で活動して活性酸素を取り除いてくれているのです。しかし、残念ながらこの体内の抗酸力も、30代以降は低下していまいます。ほかに活性酸素をたくさん生み出すしてしまうものとして、激し過ぎる運動、紫外線、過労、喫煙、ストレス、食品添加物や大気汚染や化学物質、酸化した油などがあります。これらの事を踏まえて思い当たる人は日ごろから気をつけるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です